MAKOTO
MURAKAMI

山本浩貴さんの講演「芸術の農業化、農業の芸術化 -浜松の前衛芸術家集団・天地耕作と版画家・山本鼎の農民美術運動を例に-」が、5/20にオンラインであります。下記のリンクから予約ができます(無料)。
正木基さんの評論『野を開く鍵』美術手帖 Vol.44 No.661発表 が、文化庁アートプラットフォーム事業によって翻訳・公開されました。後半に天地耕作が取り上げられ、「山田」の写真が掲載されています。下記のリンクより全文を確認できます。
鬼丸吉弘氏(美学)との『美術の〈初源〉をめぐる対話』をPDFで添付しました。
※鬼丸氏のご遺族の所在をご存じの方がみえましたら、ぜひ「Contact」からお知らせください。
シンポジウム『循環と再生の詩学ー美術ならざるものの挑発-』の全文をPDFで添付しました。
 

Updated 12 May 2022
©Makoto MURAKAMI